クリスタルのほのぼのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 謹賀新年!〜新年1月に施行されたリミットレギュレーション発表!恐怖と絶望の笑顔を与え続けるEM!〜

<<   作成日時 : 2016/01/05 09:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 皆さん、新年あけましておめでとうございます!
 2016年の今年も変わらずによろしくお願いします!

 さて、新年の挨拶も早々にもう既にご存じの方もおりますし「おせぇーよ!ホセェ・・・ならぬクリスタルぇ・・・」と言われるかもしれないですが、いよいよ今年・・・2016年の新年1月から施行された遊戯王のリミットレギュレーション(以下、制限改訂)が発表されましたので紹介したいと思います!
 果たして私が前回のブログで予想したのが何個当たるのか?はたまた今回はどんなサプライズが・・・。
『コナミからの新年のお年玉』が来るのかを期待しつついつもながら雑で適当すぎて理由にもなってない事不回避ながらウチ的なコメも入れつつ早速紹介したいと思います!

 では、こちらが今年。
 2016年1月から施行される制限改訂で変更されたカードです!
 まずは禁止という牢獄へぶち込まれたカード↓
【禁止】
「Emダメージ・ジャグラー」(無制限→禁止)
「Emヒグルミ」(無制限→禁止)
「No.16 色の支配者ショック・ルーラー」(無制限→禁止)


・・・はっきり言って妥当すぎる妥当だった禁止三枚でした―!
 この三枚とも結果的にいえば環境をとり全く笑顔になれない。
「EMEmでみんなに・・・笑顔を・・・(絶望と恐怖)」にしかなれなかった主犯格クラスの連中と言ってもいいので禁止への牢獄は妥当でした!

 私も禁止と予想としたルーラー禁止については言わずもがなです。ある意味一番平和で一番エンタメしやすい環境にありそうだと思っている海外でもずっと前に禁止へ牢獄されていたので、これでルーラーさんは完全に同化。
どうせルーラーさんはいなくなるbyファフナー風←お前どんだけファフナー好きなんだよ!w
―因みに今回のルーラーさんと以前の征竜が流行っていた当時に征竜ランク7の定番エクシーズにして「このロリコンめ!」の元制限の大目玉ことビアイさんの2枚の持ち主は同じジンという境遇w
・・・今思うとビアイとルーラーを使っていたジンを想像すると恐ろしかったんだと思った・・・。

 ヒグルミはウチの予想では制限でしたが、時期的な事やコナミの考えから逆に禁止せずにウチらから「ヒグルミ何故禁止にしねぇーだよ!」という声を言わせそうな事を考えてあえて制限に抑えたが、流石にそこは禁止したので一安心。
 尚、何気にヒグルミ禁止になったのと同時にペンジュラム初の禁止カード登場。
『ペンジュラム初の禁止カードにして歴代最速での禁止カード更新!』となりました!
・・・ぜ、全然嬉しくねぇー!w

ってか、毎回の事のように言うけど、そんなすぐに禁止カードにするくらいなら最初から作るじゃないよ!

 そもそもヒグルミにはターン1制限がついてないということ時点でおかしいだよ!
 あの効果でターン1制限ついてないとか最早禁止になるために生まれた。散々大会で暴れまくって対戦者に笑顔と言う名の絶望と恐怖を植え付けたまま禁止へ行くようなものという・・・。
審判「全くだ!コンマイは何も習ってない!やっぱり黒歴史カード作ってるじゃねぇーか!」
帝龍「エラッタされた吾輩はもう許されたのだ!ウハハハ!!」
クリッター「ここから出してくれクリ〜!間違えただけなんだー!間違えて禁止行きのバスに乗ってしまっただけなんだクリ〜」
看守「うっせーぞ!いくら泣こうが喚こうがその檻から一生出さんぞ!」
クリッター「クリ〜(涙)」
ウィッチ「うふふ・・・クリちゃん・・・これで私と一緒ね・・・二人で融合してクリッチーになりましょ?」
クリッター「いやぁぁぁぁ!」
ゴヨウ「いい加減に俺様を釈放してくれないですか?親戚に会いたいのですが?」
看守「アニメでちゃっかり脱獄を図ったので刑期延期です」
ゴヨウ「・・・」

・・・以上、現在の牢獄で願いが叶わなかった人達でした。

 ダメージジャグラーの禁止についてははっきり言ってちょっと意外だったような気がした。
 すっかりここにはクラウンが入るかと思ったが、まさかのお前が禁止になるとは予想外と言えば予想外だった。
―つまり、コナミはやっぱりサーチ系は絶対に規制するマンなんですね?分かります。

 それでは続いては制限カード!
『制限』
※変更なし

・・・・・・・・・・・・・・。
で、では次は準制限!
『準制限』
※変更なし

・・・・・・・・・・。
えーと・・・・・・じゃあ!晴れて制限解除になったのは(ry
『制限解除』
※変更なし

・・・・・・・・・
・・・・・
・・・そうかそうか変更なしか―!制限も準制限も制限解除すらもなしですか―!そうですかーそうですかー!
 よーし!じゃあ、そんなコナミさんに笑顔で言ってあげようかー!

・・・・働けぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!
コンマイ仕事しろやぁぁぁぁぁぁ!
無能すぎるだろうがぁぁぁぁぁ!!
やる気あんのかよォォォォォ!!!
コンマイX兄サマかぁぁぁぁぁ!


・・・ふぅ。ちょっと言いすぎたので、少し冷静になります。
 えーと、これは一体どういうことなんでしょうかね?
 ウチこの情報を見た時ははっきり言ってデマ情報かと思ったのですが?
「あ、あははは・・・まさか、禁止以外変更なし・・・冗談だろ?これあれやろ?先に禁止だけ発表して、残りは後で発表。もしくはVJとかで発表する形にしたんやろ?」と僅かな期待をしたウチがバカでした・・・。
―まさか禁止カードだけ変更してそれ以外は変更なしにするとは全くの予想外すぎなんですが?
ってか、コンマイはこれでいいと本気で思っているのでしょうか?
「これで環境は安定する!良環境になります!」とか思っているのでしょうかね?

 彼岸や帝については「まだ登場した時期が早いから・・・」と言われれば納得せざえないけど、さすがにこれでだけではEMEmが死亡したとはとても言えないのでが?
 確かに・・・EMEmは死んだかもしれない。
が、EMには全くなしと言うのはどういうことなんでしょうか?
 ドクロバットやペンマジ(ワンチャンで猿)など禁止レベルじゃないにせよ制限するべきカードあるのにも関わらず制限すら変更なしって・・・。
・・・やっぱり主人公カードはとりあえずアニメ放送中には規制をかけないという所謂主人公補正でもついているのでしょうかね?
ってか、これならジャグラー禁止にするならクラウン禁止にして下さいよ!そこまでジャグラー規制したいなら制限で十分でしょうに・・・。

 これあれか?本来なら遊矢のデッキが規制されるはずだがアークファイブの主人公のカードだから規制にする事は出来ない。
せやからその代わりにゲニス・・・デニスのカードを規制しましたと?
『融合次元へ行ってしまったので、暫くは出て来ない=新規出ないから遊矢の代わりに規制しました!』と?
 散々、ゲニスと手を組んでみんなに笑顔を・・・(恐怖と絶望)を与えたと思ったら自分のカードの規制を免れるための生贄としてデニス(のカード)を差し出す遊矢。
流石覇王遊矢だ!これぞキラ―トマトによる野獣の咆哮!w
 そして次はラスターPと言う名の竜剣士と手を組んで暴れて、今度の規制は竜剣士を差しだして自分は免れる作戦ですね。わかります。

 まぁ、制限などに規制されるカードについてはまぁ、ええとして一番の問題は何故緩和されたカードは1枚もないだよ!
 噂されていたゴヨウさんやブリュナク、同族感染については仕方がないとして考えてもこれ絶対緩和されるべきカードあっただろ!
ってか、ええ加減に渓谷を返してあげろよ!まだ許されないのか!?まだ渓谷は許されないのですか!?
 ドラグはまた今回も涙で枕をぬらす絶望を味わなければならないのですか!?
「今回の制限改訂こそは我々の里が緩和される!もう緩和されるだろ!」と期待した挙句、制限のままの絶望を味わうと言う流れを何回も経験するドラグさんカワイソ・・・。
 一瞬、青眼の新規が出るからと思ったけど、今回の青眼は主に青き眼の野郎どもが巫女や乙女の女子にちょっかいをかけて(カリスマデュエルの人が、んな事言っていたw)青眼出す流れだし、光の霊堂と言う名の傍から見れば完全なる青眼・・・青き眼専用フィールド魔法が登場する事を考えてる逆に渓谷必要なくなりそうな感じな事を考えるとせめて準制限まで緩和してあげてもええじゃないかと思うのだが?
・・・それとも2月に発売されるフェルグラのSDでも見越してあえて制限のままにしたという考えなのか?

 これきっと・・・いや、絶対に本当だったら今回の制限改訂は前にもあった『変更なし』にするつもりだったのかもしれないな。
せやけど、もしもまた変更なしにすると「ふざけんなよー!」の文句の声が出そうだと考えて、せめて禁止カードだけ変更しておけば文句の声も減る。治まってくれると思ったのでしょうね?
・・・全然治まらないわ!全く納得できねぇーよ!こんなんじゃ全然満足できねぇーよ!
こんなのってねぇーよ!こんなの絶対おかしいよ!
「変更なしがダメなら禁止カードだけで・・・」とかそういうのじゃねぇーよ!

 ウチらが文句を言ってる意味はそういう事じゃなくてだな・・・。
ちゃんと制限改訂してくれ!と言ってるだよ!
 ガバガバな制限改訂でも海外の制限改訂を見習えとまでは言わないからせめて禁止〜制限解除までちゃんとしてくれと言ってるだよ!
ってか、この制限改訂を審査している方はちゃんと大会を見て判断しているのかが疑問に思ってしまうレベルすぎて・・・。
「もうこの際、制限改訂については海外の方にやってもらった方がええとちゃう?」と思ってしまうほどで・・・。
というか、本当に・・・何回見ても思ってしまうが、海外の制限改訂が毎回面白い上にサンボルなどの吃驚なサプライズ緩和あったりするのにも関わらず凄く平和な環境に整えている光景を見る度に日本の方も海外のような制限改訂だったら遊戯王の引退者続出もかなり抑えられそうな気がするのだが?
―逆に大会ではどのデッキが環境取るのかすら全く分からない。どのデッキにも可能性があると言うくらい平和なだけに・・・。(海外では若干アンデットが人気な傾向?)

 今月からの新環境の大会はEMEmのEm要素の採用率は減るとは思うけどラスターPなどの竜剣士系などを入れたタイプ。
『EM竜剣士』という新たなEMデッキとなってまた環境を荒らすと予想。
「今度は竜剣士とEMでみんなに・・・笑顔を・・・」という更なる絶望と恐怖が支配する恐ろしい環境になるだろうな。
・・・そこに彼岸、帝が食い付き、更に再びドラゴンが環境を獲るために新たな青き眼一族を加えた&映画記念と言う申年なのに再び暴れ出すか期待の青眼と徹底的なメタで相手を嫌な顔にさせること必須なアモルファージにも期待やな。
・・・まぁ、現状ではEM一強に変わりなさそうだろうが。

・・・と、何か途中から完全にウチのぼやき。
 文句をひたすら言いまくると言う新年早々重苦しい事になってしまいましたが、この制限改訂の結果ではどうしても文句の一つや二つ言いたくなってしまったので・・・。
 そんなウチですが、今年でついて遊戯王歴が約16年目になってしまうという野球でいう所の大ベテランの領域。
「最早16年間もやってるデュエリストなんてお前くらいだろ!大会では殆ど最下位争いを繰り広げてる雑魚デュエリストのクセに・・・」なウチで、このブログ自体もいつ更新するか全くの未定の不定期更新(最近は何か制限改訂や予想する時のみ更新する事が多くなってる気が・・・)ですが・・・
今年1年も引き続き宜しくお願いします!

 では、本日はこれで!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新年の挨拶はメールとこちらのブログで書いていただいたので 何度もする必要はないと思いますので 割愛させていただきます

ルーラー ヒグルミ ジャグラーが禁止になりましたが ルーラーはセプスロ環境の時に禁止にするべきではなかったのかと思いました

ヒグルミに関してはターン1制限がないため当然だとして 確かにジャグラー禁止は意外でした

クラウンは一応ターン1制限があるので禁止はないだろうと思ってましたが ペンマジとモンキーボードは制限にするべきだと思いました

年が明け新環境でどうなるか分かりませんが クリスタルさんが悲願の(彼岸の)初優勝を果たして頂きたいと心から祈っています

追記:メール送りました
Legend
2016/01/08 06:58
Legendさんへ、
 ルーラー禁止はその通りだと思いましたね。
っていうか、寧ろ海外がルーラーを禁止になった時に日本も一緒に禁止になっても悪くなかったのではないかと思いましたね。

 猿はまだ出たばかりだから・・・とはいってもペンマジは制限にしてもよかったと思いますね。
・・・っていうか、そもそも制限にするカードが1枚もないという時点が問題ですが・・・。
 ジャグラーは例え規制されたとしても制限か準制限程度だと思っていたらまさか一発禁止されると思いもしませんでした。
 では、失礼します。
PS:新環境などでの彼岸などについてはメールにて変身しました
クリスタル
2016/01/09 05:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
謹賀新年!〜新年1月に施行されたリミットレギュレーション発表!恐怖と絶望の笑顔を与え続けるEM!〜 クリスタルのほのぼのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる