クリスタルのほのぼのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜2016年4月施行新リミットレギュレーション発表&考察!大幅大規制に環境が一気に変わる!?〜

<<   作成日時 : 2016/03/21 03:34  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 こんにちは、私が今季一番好きだったこのすばが終わってしまって「また私の楽しみが・・・」と打ちひしがれてるクリスタルですw
 当初は全く期待なんかしてなかったのにいざ見てみると予想外の面白さに「やっぱりどんな作品でも見てみないと分からない。いつ化けるか分からねぇーな」と思ってしまいました。
―それだけに全10話という1クールとしても短い話数にあと2話見たかったと思いました。(まぁ、どうやら制作会社の方は本来この作品は売れない。人気にはなれないと踏んであえて全10話にした結果、その予想を良い意味で裏切って大人気になってしまったという嬉しい悲鳴になったようですがw)
・・・ですが、放送後このすばの2期制作決定が決まってまた私の生きる希望が湧きました!w

 因みにウチのイチオシはパーティのヒロインでは一様まともな爆裂魔法を使う頭のおかしい紅魔族のめぐみんとPADな女神のエリス様と実はとんだ変態騎士だったけどそれ以前に株爆上げだったので問題ないデュラハンさんだったりますw
・・・とりあえずあの宴会芸スキルの持つ駄天使アクアとエリス様チェンジをお願いします!w

 さて、全然関係ない話はここまでにして、ついに情報が解禁されました!
『来月4月から施行させる遊戯王新リミットレギュレーション』の情報が!
―果たして今回はどのような規制強化or規制緩和するのか?変更なしや禁止のみ規制などのここ最近全く働かない上にやる気のなさを感じるコンマイはちゃんと仕事するのか!?という過度な期待はせずに見ていきたいと思います!

 では、早速・・・・・・
 来月4月から施行される新リミットレギュレーションで変更されたカードはこちらのカード達です!↓

『制限強化組』

【禁止】
「EMモンキーボード」(無制限→禁止)
「ラヴァルバル・チェイン」(無制限→禁止)
「ライフチェンジャー」(無制限→禁止)


【制限】
「EMドクロバット・ジョーカー」(無制限→制限)
「EMペンデュラム・マジシャン」(無制限→制限)
「爆竜剣士イグニスターP」(無制限→制限)
「彼岸の悪鬼 スカラマリオン」(無制限→制限)
「彼岸の旅人 ダンテ」(無制限→制限)
「魔界発現世行きデスガイド」(無制限→制限)
「竜剣士ラスターP」(無制限→制限)
「緊急テレポート」(無制限→制限)
「真帝王領域」(無制限→制限)
「汎神の帝王」(無制限→制限)
「ペンデュラム・コール」(無制限→制限)
「マスク・チェンジ・セカンド」(無制限→制限)
「名推理」(無制限→制限)
「モンスターゲート」(無制限→制限)
「揺れる眼差し」(無制限→制限)
「竜呼相打つ」(無制限→制限)


『制限緩和組』

【制限】
「クリッター」※エラッタあり(禁止→制限)
「サウザンド・アイズ・サクリファイス」(禁止→制限)


【準制限】
「超再生能力」(制限→準制限)


【制限解除】
「グローアップ・バルブ」(制限→無制限)
「クリバンデット」(準制限→無制限)
「D-HERO ディアボリックガイ」(準制限→無制限)
「水精鱗−ディニクアビス」(準制限→無制限)
「精神操作」(準制限→無制限)
「月の書」(準制限→無制限)
「封印の黄金櫃」(準制限→無制限)
「闇の誘惑」(準制限→無制限)
「竜の霊廟」(準制限→無制限)
「死のデッキ破壊ウイルス」(準制限→無制限)

・・・以上です

 まず、全体的に今回の改定を見てみると予想以上に多い改訂。
大幅改訂に驚きました!
・・・まぁ、前回の制限改訂が殆ど仕事しなかった。
『あってなかったような制限改訂』と差し支えのないレベルで全然仕事もやる気もなかったので、発表してなかった1月分もまとめての改訂と考えればこれくらいの多さになった事には頷ける気がした。

 さて、気になる強化or緩和されたのは・・・・・・
っつ!?
な、なななな・・・・・・
なっ!?なんじゃぁぁこりゃぁぁぁ!?なんだこの制限改訂はぁぁぁぁぁ!?
衝撃的すぎる内容じゃねぇーか!?
明らかに今後の環境が一気に変わるかのような大幅な大改訂じゃねぇーか!?


 これはなんとも思いきった改訂。
 最近のコナミによる制限改訂の流れから考えるとありえないレベルの大幅な大改訂。
衝撃の大規制強化じゃねぇぇぇか!?
「衝撃の大改訂ぇ〜」と真ゲスが言いそうなレベルの驚くべき大改訂じゃねぇーか!?

ってか、今回の大幅な大改訂をしてきたコナミ。
まさかまさかのここにきてコナミが大仕事をやってのけたという事実に驚きを隠しきれない自分がいますw
「変更なし」とか「禁止だけ発表しました」などのやる気あんのか―?仕事する気あんのか―?ちゃんと大会見てるのか!?海外のリミットレギュレーションを少しは見習えよ!などと散々不満をぶちまけていた矢先にこの神かと思える大幅な制限改訂の発表ですから尚更・・・w
「あのコンマイが仕事をした・・・だと!?ここ最近全く仕事をする気もやる気すら微塵もなかったコンマイがここにきて動いた・・・だと!?」
コンマイ「今、私が動くべきだbyW兄さま風」

・・・という気分です。はいw

 正直な話。今回の大幅で環境全体が変わりそうな大改訂の内容に思わず海外の改訂に携わってる方が助っ人して来たのではないかと錯覚。
「まさか海外でリミットレギュレーションを担当の方が助っ人としてきたんじゃねぇーのか?これ?」と思えるくらいの思いきった改訂という名の大粛清でした。
・・・いや、普通に考えればこれくらいは普通。
 海外からすればこれくらいは普通。
「まだまだ甘いぞ!」と言われるくらいなんだと思うレベルかと思うけど、今までの日本の制限改訂から考えると今回は最高にええ仕事したと言うしかないです。
「海外程の鬼改訂には遠く及ばないけど、今までに日本の制限改訂に比べれば最高な改訂。傍から見れば当然だけどそれすらも最高な大幅改訂!」と言えるくらい今迄の日本での改訂は言葉が悪いけど糞改訂だらけだったけに本来なら当然の改訂のはずなのに神改訂に思えてしまうという謎w
―それだけにこうして思うと、相変わらず日本に比べて海外は本当に問答無用。慈悲すらないない鬼改訂をしてくるから怖い。
「相手をメタやワンキル。相手に何もさせないなどのとりあえず悪い事してると判断したカードは容赦なく禁止や制限に追放します」というまるでオルフェンズで容赦ない三日月。
 相手の最後の話も聞かずに射殺やオーバーキルにも見えるレベルで完全にバルバトスと言う名のガンダムが冷酷非道の悪魔兵器に見えるレベルで容赦なくめっちゃ殺しした最新話レベルの鬼畜な改訂。
 しかし、それだけに海外では逆にどのデッキか環境を取るか毎回分からないからこれはこれで面白いというw

 今回の制限改訂を見て、海外のようになったとは言えない。
 まだ海外に比べては甘いかもしれないが、それでも今までの改訂を比べたら納得出来るような大幅規制強化。
「ウチらデュエリストが納得出来るような思いきった判断。それでいてええ規制強化してくれた!」と今回の改訂に関しては本当に納得のいく神改訂で満足。
「やっと海外のリミットレギュレーションの判断基準を少しでも見習ってくれたかな?」と思いました。(・・・何度も言いますが、あくまでも過去最近の改訂を見ての判断ですw)

 今回の規制強化によって・・・
「ざまぁぁみろ!一生戻ってくんな!檻の中でヒグルミ共に仲良く檻の中に入ってやがれ!」なキチガイ猿は禁止、ドクロバットペンマジイグニスターPラスターP竜呼揺れる眼差しは制限によりEM竜剣士は確実に大ダメージ。
 回復不可能なレベルの壊滅的な大ダメージを受けてしまった事に確実にEM竜剣士は弱体化必須。
「漸くみんなに(恐怖と絶望と言う名の)笑顔を・・・」がもうこないと思うと一安心だったりします。
ってか、竜剣士はなんとなく分かったがEMも無事に禁止制限を受けて良かったと言うか一安心だった・・・。
―いや、EMが規制強化されるのは当然で分かってはいたけど、EMは遊矢のデッキ。
 所謂、主人公デッキな上に今放送しているアークファイブの主人公のデッキやからもしかしたらemと同じように竜剣士だけ裁きを加えてEM自体は無傷。
「EMは遊矢のカードなので無理です」という主人公補正で、またしても無傷になるのではないかと不安も感じていたが、今回のコンマイはいつもとは違って非常に有能だったようで、ちゃんとそれぞれ禁止制限へ規制強化。
 EM竜剣士の構築不可能と言えるレベルの厳しい判決を下してくれたようで良かった。
・・・とはいえ、これだけ規制強化してもまた新たな相棒を見つけ、そいつを手を組み。
『EM○○』として再び環境に顔を出してくる。
「みんなにまた笑顔(絶望と恐怖の)を・・・」と言いながら再登場する可能性はないとは言えないが、とりあえず今の所は多分環境トップからは脱落するかと予想しました。
やっぱり榊遊矢はトップスと繋がっていたんだ!by強欲なサム風w

 彼岸と言う悪魔と仲良く手を組んだ顔は可愛いけど実は小悪魔なデスガイドちゃんや主にその彼氏となっていたスカラマリオンの二人はカップル揃って制限へ行き。
 イケメンダンテさんも過去のコナミであれば多分何もしてこない。無罪のままにしてくるだろうと思われていたがやはり今回のコナミは有能だった模様で、ダンテまでも制限通告すると言う厳しい裁きを与えた事により確実に純彼岸の死亡は決定的になった他、マスクチェンジセカンドまでが制限により最近ではHEROから主に彼岸へ出張していたダークロウまで出し辛くなり傍から見ると彼岸も大幅に弱体化。
「彼岸が本当の意味でお彼岸状態になってしまった・・・」のように見えるけど実は彼岸にはまだ戦える可能性があるといえばある。
―例えば、リリーサーとヘルレイカーを組み合わせた儀式彼岸や出張SRを組ませたSR彼岸。
 レベル3が多く、ランク3を揃え易い事や墓地で主に仕事したりもする幻影騎士団を組み合わせた幻影彼岸などのタイプがある事を考えるとまだ戦えるような気がしないでもない。
・・・ついでに言えばエラッタされたとはいえ、クリッターが帰ってきた事だしw

 阪神・・・汎神の制限はなんとなく予想通りだったけどさすがに真帝王領域の制限までは予想だにしなかった・・・。
『A召喚したのがいて、自分がEXを使っていないと相手はEX召喚不能』という所謂EX封じは確かに強いとは思ったけどまさか制限にされるとまでは予想外だった。
 まぁ、帝自身EXなしでも十分に戦えるから実際に使われると本当に何も出来なくなる=インチキ効果であるのには変わりないから制限に判断されたのも仕方がないかな?

 同じ帝でもまた違うタイプの帝。
『マジエク帝』による規制強化はすっかり爆裂魔法マジカル・エクスプロージョン(←お前めぐみんの事好きすぎだろ!w)だと思っていたらまさかのライフチェンジャー方を禁止にウチは思わず「そっちかよ!そっちを禁止にするんかい!」とツッコミを入れてしまったw
ってか、ウチは運がいいのか悪いのか実は一度もマジエク帝とは対戦した事なないので詳しい強さは分かってはいない。(早い話。最盛期のゼンマイハンデスと1度も対戦した事ないから詳しい強さまでは分からないニワカ勢と同じですw)
 更に3つ目の帝タイプのデッキである超量帝の規制強化もしくは近い内に日本に上陸予定のkozmoを危惧してかの早めの判断かは不明だが、禁テレまでも制限通告。
 結果として霊獣などの何の関係もないサイキック族関連のデッキが巻き込まれた事が濃厚に。
・・・こうなったのも全て阪神のせいやな!汎神なだけに阪神が悪いや!w←何でや!阪神なにも悪くないやろ!

 禁テレやライフチェンジャーは兎も角、真帝王領域や阪神・・・汎神が制限になったと言う事で、帝もそれなりにダメージを受けたけど、まだイデアやアイテールが無制限である事を考えるとまだ戦える可能性はあるかもしれない。
『今回の規制強化で帝はちょっと事故率が上がってしまった・・・』と考えればもしかしたらまだ環境を狙えるかも知れない。

 ウチが彼岸を使う前までメインとして使っていたノイドも推理ゲーの重要パーツであった名推理とゲートが揃って制限に逆戻りを食らった事によりノイドによる高速墓地落ちが衰退。
 環境的にはあまり大活躍と言うほどの悪さもしてないし、左腕をもらった事で左手切り落としながら漸く環境で戦える準備が出来た。
『今後環境に名乗りを上げそうなデッキ候補』とまで言われていた最中での推理ゲーが揃っての制限を食らうというノイド使いからすれば緊急事態。
「まだノイドは悪さしてないだろ!ただ環境に立ち向かおうとしてただけだろ!よりにもよって推理ゲー制限じゃ回らねぇーぞ!」とノイド使いから考えると不満覚悟な事を考えるとやはり今回のコナミによる裁きはどこかいつもと違うと感じた。
・・・とはいえ、ウチは前回のブログでも書いた通り個人的には推理ゲーが規制強化されそうな事はなんとなく予想はしていたからウチ的にはそこまで焦るほどではないかな?
 前回のブログを読んでくれると分かる通りノイドは三本目の左腕が生えてからそれを切り落とすしながら推理ゲーを持って来てから大量落としの流れが強かったけど、今度からは推理ゲーではなく煉獄軸で固めたノイド。
 煉獄軸インフェルノイドという正真正銘の純ノイドとして戦えとのコナミからのお達しかもしれないと考えるとまだワンチャンある?
 帝や彼岸、EM竜剣士のようにノイドパーツ自体は死んでいない事を考えればまだ大丈夫ではないかと。(環境を狙えるか?と言われるとうーんだがw)

「TUEEEEE!」という隠された効果を持つ事でお馴染のチェインもEM竜剣士で主にバルブ落としからの魔法は絶対に許さない虎ことナチュビへのS召喚へ簡単に繋げる事を危惧され、更にチェインは基本ピン刺しということから制限では全く意味がないと言う事で禁止通告を受けたました。
―元々、クラウンブレードの頃からその強さには磨きがかかっており、既にこの当時から危なかった。
「クラウン禁止かチェイン禁止か?」と囁かれていただけにいつ禁止になってもおかしくはない。
『チェイン禁止は時間の問題』とは思っていた中で、今回のバルブを落としてからの簡単ナチュビ登場という強力な流れの前についにその予感は現実のものに・・・。
ついにチェインにも裁きが下されてしまいました!(涙目)

 ある程度は予想はしていた。チェイン禁止には仕方がないと思ってはいた。
が、チェイン禁止によりこれからはもう叫べないのかと思うと・・・。
「チェインTUEEEEEE!」がもう2度と叫べないと思うと少し寂しい・・・。
 チェインは汎用ランク4ということからガチデッキ以外にもファンデッキやデュエル動画でも度々見かけるほど幅広く、デュエル動画では毎回チェインが登場する度に「チェインTUEEEEEE!」とコメが出るのが最早テンプレであるくらいに人気の高かっただけにそれすらも見れないと感じると非常に寂しくも思ったりしてしまう自分がいる。(まるでクリッターが禁止を食らった当時のようにw)
 まぁ、海外では既に禁止を食らっている事を考えると日本もそれを習った。
「海外も禁止にするくらいなら・・・」といつかのルーラーのようにしたと考えれば納得するしかないですが・・・。
 とりあえず・・・・・・
チェイン今までお疲れ様でした!
ゆっくり休んで下さい!
あなたが残した「チェインTUEEE!」の名言は忘れませんよ!

・・・えっ!?キチガイ猿とは全然扱いが違う?
当然に決まってるだろ!チェインと猿じゃ評価が違いすぎるだよ!w

 一方、緩和組を見るとまず目に光るのが皆に大人気にして、いつもコナミにネタにされ続けたデスガイドと言う名の魔界に乗ってしまった。
 本当は現世に乗るつもりがうっかり間違えて禁止と言う名の魔界に乗ってしまったポンコツ可愛いクリッターちゃんのエラッタ付きで制限復帰!
 イラストでのクリッターちゃんのストーリーを見れば分かるが、なんとも不遇すぎる扱いを受け続け、ついには濡れ衣まで着せられてウィッチさんと同じ檻に放り投げられ泣いている姿。
「僕は何もしてないよ!濡れ衣だよ!お願い出してよ!うわぁーん!」と言い叫んでいるかの表情なクリッターちゃんについに有能な弁護人でも現れたのか?
 無実なだと言う事がついに証明され無事に釈放決定!
『ターン1制約。クリッターの効果でサーチ及び同名カードを発動する事が出来ない(多分効果が発動出来ないだけで召喚自体は出来るのかな?)』というエラッタと言う名の執行猶予が付いた状態での釈放なので、果たしてこれが本当に濡れ衣。
『クリッターは濡れ衣を受けただけで無罪だった!』と言えるかどうかは現状では不明ではあるがw
・・・・・・とりあえずポンコツ可愛いクリッターちゃん!
釈放おめでとうございます!また大会フリー関係なく前みたいに登場する事を祈っていますぜ!

>デスガイド「私の彼氏が制限になっちゃったし、今度は元彼のクリッターちゃんや魔サイ君にハニートラップを仕掛けるデス!」スカラマリオン「ちょ!?ガイドちゃん!?僕が制限なったらポイですか!?」ダンテ「く、くるな!さくらちゃん来るなー!そんな表情で近づかれたら・・・」さくら「お兄ちゃん・・・お願い?(うるうる目)」
―以上、小悪魔な悪女デスガイドちゃんによる新たな彼氏探しの報道でしたw

 そんなクリッターの制限復帰の中で、ちゃっかりと制限復帰したのがゴヨウでもブリュナクでもディスクガイでもなくサウサクが久々に出所し制限復帰する事が発表!
―しかもクリッターと違ってエラッタもなしという古参デュエリストであるウチからすればマジで嬉しい制限復帰である。
・・・あれか?サウサクはクリッターとは違って長く禁止にいた。あれだけ長く禁止と言う牢獄で真面目に過ごしていたからもう十分罪は償ったと言う事かな?
ってか、サウサクが制限復帰とか何年振りだよ!もう随分とご無沙汰じゃねぇーか!w
サウサクの事を知ってるデュエリストなんて相当な古参だろこれ!?w
今の若いデュエリストや最近始めたばかりのデュエリストしらねぇーだろ!サウサクの存在や当時はどれだけ強かったのか!?w

というか、サイエンティストや突然変異でサウサクを出していた頃が懐かしいw
※尚、先程クリッターとサウサクを探したら字レア1枚、ノーマル5枚のクリッターとノーマルのサウサクの捜索に成功いたしました!w
って、サウサクのテキスト見たら『吸収モンスター』って書いてあって時代を感じると思ったのと同時にちょっと吹いたのはここだけの話ww

 超再生能力の準制限緩和は単にブルーアイズの強化と言うよりは征竜によって影響を受けたカードの緩和シリーズの方が正しいのかもしれない。
 そもそもウチが今青眼巨神竜を使っている身から言うとそこまでリリースする機会は殆どないし・・・。

 制限解除ではデュエル中1度しか使えないと言う事から案の定解除されたバルブ、月のブックスこと月書と精神操作のゴールドパック組、ディーヴァが制限と言う事からディニクアビス、そこまで悪さ発揮してない事で誘惑が解除。

 彼岸が主に対帝などでサイドに使用していたが肝心の彼岸が大幅規制により確実に使い道がなくなった事によりエラッタ死デッキも解除。
・・・というかこれで事実、エラッタでも使えるのが(クリッターはまだ未知数だから省く)破壊輪くらいしかないというこのエラッタしたら大抵弱くなると言う現象どうにかならんのか?これじゃ本来の禁止級の強さの意味が・・・これだったらいっそ禁止のままの方が良かったと思うのはウチだけ?

 そして、もしかしたらエラッタで制限復帰かと思っていたディスクガイではなくディアボリックガイの方を無制限にしてきたか。
 これはこれで良い判断。
 やっぱりディスクガイのエラッタ付き制限復帰ワンチャンは当然ながら無理ではあったかww
・・・ということはこれはもしかしてアニメでエドがディアボリックガイを使う可能性微レ存?

 そして、これこそ本当のブルーアイズ強化と言うべきの霊廟が無制限解除に青眼巨神竜を使っているウチ歓喜!
これで更なる墓地肥やしが出来る!
―そしてブルーアイズが強化するということからそれを危惧して渓谷はまたしても準制限にならず・・・。
ドラグ「ええ加減にウチらの里返せよ!戦えないぞ!」コナミ「これから青眼巨神竜が強くなるので当分無理です」ドラグ「ドラゴン・・・青眼・・・巨神竜・・・ぜってぇゆるさねぇ!」
・・・その渦中にいる・・・使っているウチはドラグ使いにまた恨まれますね?これはw

 今回の改定は全体的には・・・今までの改訂。
 ここまでの改訂がはっきり言って糞リミットレギュレーションと言うならば今回は神リミットレギュレーション(あくまで今までの内容からの判断で海外とかに比べるとまだまだ甘いとは思いますが・・・)ではあるが、それでもコナミ的にな謎な規制強化もあったにはあった。
・・・・ペンデュラム・コール一択です!
 EM竜剣士のカードなら分かるが、Pコールは基本的には魔術師専用の魔法カード。
 確かに魔術師をサーチするという面では強いけど、何故今更!?と言う感じがしてならない。
―巷と言うかネット内でも言われていたが、一体魔術師が何をした?
魔術師何にも悪い事してねぇーだろ!

 もしかして次なるEMの相棒は魔術師になる可能性が高いからそれを危惧してとか?
―いや、慧眼も制限になっていることを考えると現状では新しい相棒になるかと言われるとうーんとは思う。
 それとも魔術師の強い新規が出るからそれを見越してとかもあるのかな?
ってか、魔術師の規制なんてもう何年前の話だよ!相当前だぞ!魔術師が環境取ってた時代は!w

 あと地味に今回の改定で解除されるかと持っていた輪廻天狗は結局は準制限のままw
・・・もしかしてコイツの存在忘れてるとかじゃないよな?いつかの魔法石の採掘かのように?w

 今回の一世一代。もうこんな事があるのかどうかすら分からない。
 コナミは初めて大仕事をやってのけたのか?コナミの単なる気まぐれか?それとも今回の改定の際に助っ人として海外担当の人も携わったのかは分かりませんが、今回の大幅な制限改訂により漸くインフレ時代が落ち着く。
 一体デッキが環境取るかは予想が出来ないくらい群雄割拠のような気がしてきました。
ってか、今回規制強化されたのが殆ど9期関連ばかりww
・・・やっぱり9期関連はおかしいとはっきりわかんだねw

 個人的には何の被害も受けてないところか逆に霊廟無制限で強化されたブルーアイズ、次のパックで強化され映画的な対決も含めてのダークフォースなブラマジ、噂されてるDDD、RRのアニメ勢、儀式など形を変えての彼岸、実は被害は最低限に治まってる?な帝の規制組になんかしらの相棒をまた連れてくるじゃないかとこのままで終わるかどうか分からないEM辺りだと思っています。
※尚、ウチは既に青眼巨神竜を使っているので、来月4月からも引き続き青眼巨神竜で挑みたいと思います!

 では、本日はこれで!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回のリミットレギュレーションは4月だったということもあり禁止制限は動くと思いましたがここまで変わるとは予想外でした

今まで入賞できなかった中堅勢にも入賞の可能性があり来期は色々なデッキが顔を見せると思います

ヴェルズ 海皇 ネクロス マジェスペクター 妖仙獣(命削りなどの理由からメタビ系列も) AF(命削り)など まだまだたくさんあるので改訂が変わった後のサイドデッキの構築が仮想敵が絞れず大変かと思いますが頑張ってください  
Legend
2016/03/23 20:19
Legendさんへ、
 本当に今回のリミットレギュレーションは予想外の大幅大規制で驚いてしまったのと同時にこれで色んなデッキが顔を出してしまうと思うと本当にメインはともかくとしてサイドの構築力が問われる環境になって、色んな意味で大変だと思いつつ漸く面白い環境が来たかな?と思っています。
 ここ何日間はどのデッキが来ても対応出来そうなカードを採用していきたいと思います。
 では、失礼します。
クリスタル
2016/03/23 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜2016年4月施行新リミットレギュレーション発表&考察!大幅大規制に環境が一気に変わる!?〜 クリスタルのほのぼのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる